狭い家にも合う収納家具について

私は実家に住んでいたころは、和室が連なっている部屋の1部屋でした。6畳の和室で1面が押し入れになっていました。天袋もあったので、結構な収納が出来ていました。そして、ふすまを仕切らずにしていたので、隣の部屋まで私の部屋のような状態になっていました。なので、実質、12畳の和室という感じでした。高校生くらいの時は学年毎の教科書を収納するので、天袋を使用していました。それから大学に通っていた時も、教科書があったので使っていました。そして、だいたいその年頃になると、自分で服を買うようになっていたし、衣替えの時期も自分でするようにしていました。ちょうど、その頃に押し入れの片面だけに突っ張り棒をして、ハンガーラックのようにしてジャケットやコートを掛けるようにしていました。

結婚してからは、2LDKの賃貸マンションに住んでいました。子供が生まれ、大型のおもちゃが増え置き場所や収納にも困りました。二人目も出産して、ますます洋服を収納するものがなくなってきて、しかし、たんすも結構高価な物で、すぐに購入することもできませんし、2LDKの間取りで、すでに2つのたんすがあるので、もう置き場所がありません。しかし、服を出しっぱなしにするわけにもいきません。おもちゃなどは3段ラックなどで収納できますけどね。そして、考えながら何となくネット通販などを見ていると、見つけました。我が家のような狭い家にも合う収納家具が。それは、伸縮可能なハンガーラックです。うちは、数年後には一戸建てを購入しようと考えているので、また間取りも変わりますし、その時に家具の配置などまた変わりますし、伸縮可能なら、問題ありませんしね。しかも、掛ける棒が2本並んでいて、耐久重量が80キロです。冬物の厚手の服や主人のスーツ、私のシワになってほしくないセーターなど、結構敷き詰めて掛けていますが、問題なく使えています。

今は一番幅の狭い状態で使用していますが、130センチから180センチまで伸縮可能なので、結構幅広く使用できますし、タンスの買う余裕出来ても、使い道がありますし。しかも、組み立て式で買った時は私は妊娠中期~後期でお腹も目立つくらいでしたが、一人で1時間もあれば組み立てることができました。今は使っていないカーテンで、服が汚れないように覆ってカバーのように使っています。しかも下のスペースには衣装ケースや脚立などを収納しています。

Blog Home